眠れない原因はたくさんあります。
寝る前に興奮するようなことをしてしまったり、体調が優れなくて寝付けなかったりとその時々によって様々な原因がありますが、ある程度の年齢になると夜トイレに起きてしまうことも眠れない大きな要因になります。
頻尿は決して珍しい症状ではありませんが、健康で良いコンディションの時には頻尿にはなりませんので、何らかのトラブルが起こっていると考えなければなりません。

夜間の頻尿によって眠れない時には、翌日もスッキリと目覚めることができません。
どの程度の頻度でトイレに起きてしまうのが夜間頻尿なのかというと、実は1回でも該当します。
夜中の尿意によって眠れないというのは健康を維持する上で非常に重大な問題ですので、しっかりと原因を探らなければなりません。

夜間頻尿の原因は何?

年をとった女性夜間頻尿の原因を見ていくと、加齢による症状が多いようです。
加齢によって夜間の抗利尿ホルモンの分泌量が減少すると起こります。
この抗利尿ホルモンは寝入った後の夜間にトイレに起きることがないように腎臓に働きかけを行い、尿を濃くして尿量を少なくする働きを持ちます。
加齢による衰えは40代後半に入ると始まりますが、その頃になると抗利尿ホルモンの分泌量も減ってきますので、影響が現れます。
抗利尿ホルモンの減少によって夜間でも尿の量が減らないために、何度もトイレに起きてしまったり夜間に眠れないということが出てきます。

抗利尿ホルモンが減ること自体は誰にでも起こる老化現象です。
そのため、このことに関しては特別な治療が必要なわけではありませんが、やはり眠れないという事態が起こると問題です。
ですから、抗利尿ホルモンの減少に対する対策というよりは、夜間に眠れないことがないようにいくつかの点に注意をしなければなりません。
すぐにできることとして、夜寝る前には水分の摂取量を減らすように気をつけることが大切です。
また、熟睡できるように安眠できる環境を整えることも大切です。
たびたびトイレに起きていたような人でも、このようにちょっとした対策を行うことでトイレに行く回数を減らすことができます。

気をつけたい、膀胱炎について

他にも眠れないほどの頻尿になる原因はあります。
膀胱炎という病気になると、時間を選ばずトイレに行きたくなってしまいますので、膀胱炎の人はこの病気をまずは治さなければなりません。
膀胱炎とは、膀胱に入り込んだ細菌が繁殖してしまい、膀胱の粘膜部分に炎症が起こる病気です。
尿道の短い女性に起こりやすい病気であり、頻尿だけでなく残尿感や排尿痛もあります。
膀胱炎になると、夜間にゆっくりと横になった横になった後に尿意ばかりが気になってしまい、入眠しにくくなることもあります。

膀胱炎になると眠れないこと以外にも困ったことがあります。
それは、放置することで悪化してしまい、腎盂腎炎などの病気になる可能性があるということです。
膀胱炎の症状が現れたら、自己判断せずに内科か泌尿器科を受診する必要があります。
膀胱炎はよく起こる病気などと甘く見てはいけません。
ちなみに、これは加齢による症状ではありませんが、抵抗力が弱まった時になりやすいので、ある程度の年齢になって疲れが溜まりやすくなっていると感じるのなら、注意しなければなりません。

その他頻尿の原因

また、他には膀胱が過剰に収縮してしまう過活動膀胱の症状です。
突然我慢できないような尿意を感じるのが大きな特徴であり、原因は実に様々です。
脳血管障害が関係していることもありますし、神経の損傷によって引き起こされることもあります。
これらは神経因性であり、他にも非神経因性の原因があります。
非神経因性の前立腺肥大や骨盤底筋の損傷などがあり、どちらも尿意が気になって寝付けなくなります。

過活動膀胱
これは神経因性であってもそうでなくてもたえずトイレが気になっている状態です。
夜眠れないというのもありますが、日中でも不安で外出できないということが起こります。
外出中はトイレのある場所を確認しておかないと落ち着かなくなりますので、家にこもりがちの人も多くなります。
症状を見てみると生活に与える影響は小さくありませんが、加齢によって多くの人に現れるものですので、珍しい症状ではありません。
前立腺肥大症
男性の場合には、前立腺肥大症も起こります。
膀胱の付け根から尿道を取り囲むようについている器官であり、その器官が肥大するのを前立腺肥大症といいます。
60代以降の男性に起こりやすい病気であり、尿道が圧迫されて尿が出にくくなります。
その上、膀胱が刺激されて収縮しますので、尿があまり溜まっていないのにも関わらず尿意を感じてしまいます。
これに加齢による要因が加わると、トイレに起きる回数がより増えます。

40歳以上の約7割が夜間頻尿?

トイレに行く男性40代くらいの年齢ではまだまだ自分は若いと思い込んでいる人も多いのですが、実際には体の機能の衰えは始まっていますので、頻尿になることは十分にあり得ます。
実際の発症数を見てみると、40代の人の約7割が頻尿によって夜間にトイレに起きてしまうといわれています。
この数値に驚く人もいるかもしれませんが、夜トイレに1回起きるだけでも頻尿に当てはまりますので、妥当な数字だと考えられます。
症状の酷い人になると、3回以上もトイレに起きてしまって、一度起きるとなかなか眠れないので睡眠不足に陥る人も少なくありません。

頻尿が引き起こされる原因のうち、やはり抗利尿ホルモンの分泌量が減少するのが大きいようです。
抗利尿ホルモンの減少は40代に入れば既に始まっていて、水分の摂り方などはそれまでと変わらないのに、トイレに起きる回数が増えていると感じる人がたくさんいます。
抗利尿ホルモンがたくさん分泌されている若い頃には、夜寝る前に多少多めの水分を摂取しても尿が濃くなって少なくなりますので、寝ている時に起きてしまうことがありません。
正常な機能としては、やはり夜間には一度もトイレに起きないのが適正とされていますので、1回でも起きてしまうのなら衰えを自覚した方が良さそうです。

40代でも頻尿によって眠れない可能性があるとはいっても、60代や70代の人と同じ頻度ではありません。
毎日ではない人もいますし、起きても1回だけという人も大勢います。
ですから、深刻度としては低い人も多く、加齢以外の要因もたくさん潜んでいそうです。
加齢以外の要因としてチェックしておきたいのが、塩分の摂り過ぎている食生活を送っていないかどうかです。
40代は食の好みが変わっていく途中なのでジャンクフードを食べる人も少なくありませんし、外食の多い人はそれだけでリスクが高まります。
体内のナトリウム濃度が高くなると、体は塩分を排出しようとして頻尿が引き起こされますので、せっかく寝入っても尿意を感じて起きてしまいます。

筋肉量が落ちてくる頃でもありますので、体が冷えやすくなって頻尿になることもあります。
冷えると体内の巡りが悪くなって、腎臓をはじめとした内臓も一緒に冷えてしまいます。
その結果、尿を作り出している腎臓機能も働きが鈍くなって排尿障害が引き起こされます。
寒い時にトイレが近くなるというのはこの原理であり、冷え性になると寒い季節でなくてもトイレが近くなってしまいます。
普段からあまり運動をしないような人は、このように冷え性による頻尿も考えられます。

また、40代というと社会的な責任が増してくる時期ですので、仕事の重圧によって心配事が多くなります。
それが引き金となって睡眠障害が引き起こされることもあるのですが、その睡眠障害が夜間頻尿につながります。
この場合、ほんの少しの音などで目が覚めてしまうことが多いので、睡眠環境が非常に重要です。
加齢も原因の一つになっていますが、それよりも重大なのが心因性の原因であり、その原因を上手く取り除くことができなければ長引く可能性もあります。
仕事などの心配事が一時的なものであるなら、様子を見るだけでも改善されます。

40代というとまだまだ元気なつもりで無理をしてしまうことも多いのですが、体が気持ちについてこなくなって様々な影響が出始める頃でもあります。
代謝が落ちているのにも関わらず若い頃のように食事をしてしまって糖尿病になってしまう人もいます。
糖尿病になると血液中の血糖値の数値が高くなり、体は排出しようと働きます。
その結果、のどが渇いて大量の水分を摂取してしまうために頻尿が引き起こされます。

このように、同じような頻尿であっても年代によって起こりやすい原因というものがありますので、自分の症状を把握するだけでなく原因についても調べることが大切です。

眠れないと仕事の効率も悪くなる

眠れない男性眠れないとその時も辛いのですが、翌日の生活にも影響が出てしまうのが困ったところです。
よく寝不足になっても居眠りをしない自信があるという人がいますが、居眠りはしなくても仕事には影響しているはずです。
眠れないと日中の間も頭がボーっとしてしまい、集中力がなくなってしまいますし、ほんの少しのことにもイライラしてしまうことがあります。
注意力も低下しますので、普段からは考えられないような失敗をしてしまうことがあり、仕事で落ち込むようなミスを連発する可能性もあります。

寝不足によって頭が働かなくなると、外から入ってきた情報のうちのどれが必要な情報で、どれが不必要な情報なのかという情報の取捨選択をすることができなくなります。
そのため、正しい判断をすることが難しくなりますので、重大な決断をするような事態は避けなければなりません。
集中力が低下するのはただ単に寝不足で頭がボーっとしているからではなく、脳が普段通りに働いていないことが原因です。
脳の中の作業効率が下がりますので、正しい判断をすることが難しい状態です。

脳と睡眠の関係性

脳は、一定時間働いた後はしっかりと休ませないと働きの低下が起こります。
そして、脳の疲れを癒すためにはしっかりと睡眠を摂るしかありません。
眠い時に眠気覚ましとしてコーヒーを飲んだり栄養ドリンクを取り入れる人もいますが、これらは一時的に興奮状態を作って脳を活性化させるものですので、頻繁に利用するとかえって脳を疲れさせてしまう恐れがあります。
脳を休ませたいのに疲れさせてしまっては本末転倒ですので、あまり多用しないほうが良いようです。

脳は起きている間はずっと活動をしていて、起きている最中に少し休憩するということができません。
睡眠を取っている時以外は休みなく働き続けている状態ですので、脳を休ませるためには睡眠を取る以外に方法はありません。
起きている間に溜まった疲労物質は、脳脊髄液によってきれいに洗い流すことでスッキリとした状態を作れます。
寝不足の人は疲労物質が大量に体内に溜まっていますので、疲労によって仕事のパフォーマンスが落ちるのは当たり前です。

ぐっすりと眠れない理由にもなる頻尿

頻尿によって眠れなくなった場合、脳は常に疲れていて疲労物質の蓄積も進んでいます。
そんな時に大量の仕事を抱えていたらミスをしやすくなりますし、大きな責任のある仕事を任されていたら取り返しのつかないミスをしてしまうかもしれません。
疲労が回復されないせいで判断力が鈍り、正常な判断ができなくなっていますので、頻尿は誰でもなる可能性のある病気だからと放置をしてはいけません。
確かに多くのケースでは心配のない症状ですし、加齢によって起こる症状で仕方のないものもありますが、長く続くと少しずつ体力も奪われていって体の不調も顕著になります。

実際に頻尿に悩むケースでは、仕事への影響を訴える人も少なくありません。
集中できない、誤った判断をしてしまう、長時間仕事をしているのに成果が出ない、簡単な仕事なのに時間がかかり過ぎてしまうなどの悩みを抱えているのなら、頻尿に向き合って正しい対処法を模索するべきです。
まずは原因を探ることから始めなければなりませんが、原因が分かれば対処法を見つけるのはそれほど大変ではありません。

眠れない人は、眠れないことを気にしすぎてしまって悪化させることもあります。
眠れないことは誰でも気になりますが、それに囚われすぎると心因性の不眠に陥って頻尿につながります。
心因性の要因を抱えると自律神経が乱れて眠りの質も悪くなって、熟睡できないことにより尿意を感じやすくなりますので、深く考えすぎないことも大切です。
気にしすぎないようにしながら頻尿への対処をきちんと行っていけば、段々と気にならないくらいのレベルにまでもっていくことが可能です。
それが仕事の効率をアップさせる近道となります。

眠れない人必見!対処法とは

眠れない原因を紹介してきましたが、眠れるようになる方法はあります。
どれもすぐに始められる方法を紹介していきます。

まず挙げられるのが規則正しい食事をすることです。
眠れない人で朝食を抜いている人は朝食をとりましょう。
きっちり3食、食事をとるということは脳が活発に働くので生活リズムが整います。

次に挙げるのが、運動です。
日中に運動を行うことで体を疲れさせ、睡眠へ促します。
正し注意点としては激しい運動は逆に交感神経が活発になり、脳が興奮状態になります。
ウォーキングなど無酸素運動からでも始められます。

次は眠る直前にスマホやパソコンを使うのを止めることです。
スマホやパソコンなどデジタル機器には液晶から出ているブルーライトには睡眠に欠かせない《メラトニン》という物質を止める作用があります。
これによって、脳が興奮状態になるので眠る前にはスマホやパソコンを見るのを止めましょう。

ページ上部へ戻る