noimage

ボルタレンは関節リウマチや腰痛に効く

中高年になると、加齢や長年の生活習慣の影響により、腰痛や関節リウマチに悩まされる人が増えますが、そんなときは様々な痛みに効くボルタレンで対処するようにしてください。即効性が高く、患部に直接塗るだけで、有効成分ジクロフェナクナトリウムが浸透し、発熱感を伴う痛みをスピーディーに抑えられます。消炎鎮痛剤の中でも高い効果が認められているので、痛みを抑えたいときは利用するようにしましょう。


ズキズキするような強い痛みや、熱を帯びた炎症であっても、短時間で治まるため、ボルタレンは即効性の高い消炎鎮痛剤として知られています。腰痛や関節リウマチを錠剤などの服用で抑えると、胃炎や胃潰瘍の副作用が起こることがあります。ボルタレンは服用する薬ではなく、外用薬なのでその心配はなく、胃腸が弱い人でも安心して使えます。


ボルタレンはステロイドを含んでいない、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)なので、長く使い続けることが出来ます。ステロイドを含む薬を長く使うと、弊害が心配されますし、効果も薄れる可能性がありますが、ボルタレンはNSAIDsなので、長期で塗り続けても、それほどの問題が起こることはありません。ただし塗り過ぎると、皮膚に負担がかかり、皮膚炎を起こすことはあるので注意が必要です。

ボルタレンの作用機序について

腰痛や関節リウマチなどの炎症による痛みは、プロスタグランジン(PG)と呼ばれる、痛み物質が生成されることによって起こります。ゆえにこの生成を阻害できれば、痛みや炎症を和らげられます。


炎症が起こると、ズキズキするような痛みを感じますが、その際、炎症部位でプロスタグランジンが放出されます。プロスタグランジンは体温上昇を引き起こすので、痛みが増大します。プロスタグランジンを生成しているのは、COX(シクロオキシゲナーゼ)なので、痛みや体温上昇を抑えたいなら、この酵素の働きを阻害する必要があります。


ボルタレンに含まれる有効成分ジクロフェナクナトリウムには、COXの活性化を抑え、プロスタグランジンの生成を抑制する働きがあります。これがボルタレンの作用機序なので、患部に塗れば素早く成分が浸透して、痛みや炎症を和らげることが出来ます。


炎症を抑える薬といえばステロイドが有名ですが、これはボルタレンとは作用機序が違いますし、長期の使用は向いていません。痛み物質のプロスタグランジンの生成を抑制する作用機序のボルタレンなら、ステロイドとは違って安心して使えます。数あるNSAIDsの中でも即効性が高く、痛みや炎症、発熱を抑える効果が高いので、どの消炎鎮痛剤を使おうかと迷ったら選ぶようにしましょう。

ボルタレンを使わないと緩和しない痛みの関節痛は早期に治療を開始しなければ日常生活が困難になることもあります。
▲関節痛そのものに関する内容が詰まっているサイトです
関節痛に悩む人向けの情報サイト

関連記事
ページ上部へ戻る