noimage

眠れないからと睡眠導入剤に頼りすぎると依存症に?

眠れない状態が2週間以上続く場合は専門機関の受診も必要になりますが、その際は睡眠薬を処方されることがあります。
睡眠薬は寝つきをよくするお薬で即効性もありますが、長く使い続けていると依存症になる場合がありますので注意が必要となります。
依存症になると抜け出すのが大変です。

依存症になってしまう原因としては、長く飲み続けているうちに身体が慣れ薬の耐性がついてしまい普段飲んでいる薬では効かないといったことが起こってきます。
すると眠れないといった悪循環に陥りより強い薬を飲まなければいけなくなるので、身体も精神も薬を欲しがるようになっていきます。

睡眠導入剤は即効性がありすぐ眠れるので頼りたくなりますが、あまりに睡眠薬に頼っていると依存症になっていくので長く飲んでいるかたは注意が必要となります。
人間には眠る力というものがもともと備わっていますので、いつかは薬を手放すときや手放したいと思う時が来ます。
そういう時期が来たら眠れないことがあっても薬から離れることに慣れていくよう努力することが必要となります。

依存症の身体になり、薬が効かない場合は眠れないこともありますし心身ともに大変辛いと考えられます。
医師のもとで減薬していくことが正しい方法となりますが、現在減薬に知識のある医師というのがほとんどいないのが事実ですので、そうした施設で抜け出すか自分で克服していく方法を見つけることが必要になります。
眠れない場合は、眠れなくてもいいと暗示をかけていくことはとても大切ですので、焦らず克服していくことがポイントです。

注意点としては、自己判断で一気にやめないことです。
一気にやめてしまうと深刻な離脱症状を引き起こしますので、最低量の数ミリ単位で減らしていくことが必要になります。
医師はなるべく進んで処方するタイプではなく、最終的に減薬を考えてくれる理解のある医師のもとで通院することをおすすめします。
これは最初に病院を選ぶときの注意点となります。

睡眠導入剤の正しい服用方法と注意点

睡眠導入剤の正しい服用方法ですが、最初はだれでも最低量から処方が始まるはずですので、まずは処方通りに飲むことから始めましょう。
中には最低量では眠れないと処方された薬を多めに飲んでしまう人や、鬱などが併発しているとその病気の性質から大量に飲んでしまう人もいます。
間違った飲み方はかなりの依存症になりますので、気をつけるようにしましょう。

注意点としてはアルコールと併用して飲むことは絶対に避けましょう。
薬の作用が増加してしまうため、心身に良くありませんので、服用するときは白湯か水で飲むように意識しましょう。
少し調子が悪いからと決められた時間以外に飲んでしまうのもよくありません。
就寝前ならその時間に白湯か水で飲むことが正しい服用方法となります。
水は多めに飲むことをおすすめします。

睡眠薬を飲む期間というのも睡眠導入剤を飲むうえで大切なポイントとなってきます。
依存症になってしまう前に期間を決めるようにし、医師と相談していきましょう。
そうしたことにも理解のある医師が本当に重要なポイントです。
軽い症状でぐっすり眠れるときは、2週間程度で十分です。

正しい服用方法は処方通りとなりますが、それでも1年以上飲んでいる場合は依存体質になっている可能性があるので注意が必要です。
薬が体質にあっている場合は薬を変えず、同じ薬を続けていくことが望ましいといえます。
また、減らしたいと思ったときは医師に相談してから減らしましょう。

睡眠薬は正しく服用していても、性質上依存性が高まりますので自分の心を強く保つことも必要になります。
睡眠導入剤はあくまで一時的に睡眠をサポートしてくれるものという意識でいたほうが、依存症にはなりにくいと考えられます。

関連記事
ページ上部へ戻る