noimage

眠れない時に効果的な飲み物

寝付きの悪い人が夜にコーヒーや緑茶など、カフェインを含んだ飲み物を飲んではいけないことは知られていますが、夜にこそ飲んでおきたい、眠れない時に効果的な飲み物もあります。
代表的なものでは牛乳を温めたホットミルクですが、牛乳が苦手な人でも大丈夫な飲み物もあり、いずれも、身体が温まる効果に優れているという共通点があります。

牛乳だけのホットミルクは苦手でも、ホットココアなら大丈夫という人は多く、どちらも、牛乳に含まれる含まれるトリプトファンという成分の恩恵が受けられる飲み物です。
トリプトファンは、セロトニンという物質を作り出すと言われ、このセロトニンから睡眠の質を高めるというメラトニンという成分が作られます。
牛乳には自律神経を整える働きを担うカルシウムも含まれており、身体がリラックス状態に導かれ、眠りに就きやすくなります。

ココアにも、カルシウム同様、自律神経に調和をもたらすテオブロミンという成分が含まれ、心身をリラックス状態に導いてくれます。
最近、ダイエット効果が期待できることからも人気を高めている飲み物に「しょうがココア」がありますが、しょうがが持っている身体を温める作用と、ココアと牛乳が持つ眠りに良い成分との複合効果によって、眠れない時の優れた対処法にもなる飲み物と言われます。
しょうがに含まれるショウガオールという成分は、腸の血流を良くする働きがあることから、腹部を温めると入眠に良いという効果を、さらに高めてくれます。

眠れない時の対処法として、主に欧米で古くから愛飲されているものに、カモミールティーがあります。
ハーブティーの中では最もポピュラーで、風邪気味の時にも良いと言われています。
ハーブティーには身体が温まるタイプの飲み物が多くありますが、香りも良いカモミールティーには、皮膚に良い成分も含まれ、睡眠中の肌の保持に良いことや冷え性に効果があることから、女性の間で人気の高いハーブティーの一つになっています。
寒い季節、手足が冷えて眠れない場合、心強い味方になってくれる飲み物です。

アルコールは眠りが浅くなり疲れが取れない

身体が温まると眠りに就きやすいということで、お酒が好きな人の場合、アルコールの力を借りて身体を温め、酔って心地良くなった勢いで就寝するという方法に頼りがちとなります。
いわゆる寝酒です。
アルコールの摂取によって、確かに寝付きは良くなりますが、睡眠の質そのものは非常に悪くなってしまい、結果的に、眠れない時の対処法としては、大いに逆効果になると言われています。

寝酒によるアルコールの摂取が、質の良い睡眠にとって逆効果となるのは、アルデヒドという物質によって引き起こされる害によります。
アルコールを摂取してから2~3時間ほど経過すると、アルコールが分解されることによって出てくるアルデヒドが、体内で急激に増えてきます。
アルデヒドは、自律神経のうち、興奮を司る交感神経を刺激することで心身が活発になろうとしてしまい、眠りの質を下げてしまいます。
アルデヒドは体温も上げることから、寝苦しさの原因にもなると言われます。

アルデヒドによって体温が上がり、体の水分を奪ってしまうことから、喉が乾いて夜中に頻繁に目を覚ましやすくなり、交感神経が活発化したことで、その後の寝付きが悪くなることもあります。
質が浅い眠りにもかかわらず、意識は深い眠りに陥っていることで、寝返りをほとんど打たなくなって、起床時に身体が痛くなっていたり、全身の凝りや寝違えを起こしたまま昼間もなかなか痛みが引かないといった事態にもなりかねません。

寝酒が良くないことはもちろん、飲み会などでお酒を飲み過ぎた場合には、酔った勢いですぐに就寝するのではなく、アルコールの影響を中和するために水分補給を心掛けて、体内のアルコール濃度を下げておくことが大事です。
アルデヒド発生のピークを過ぎてからの就寝が望ましいとされることから、アルコールを飲み終わってから3時間ほどは起きているほうが望ましいとされています。

関連記事
ページ上部へ戻る