noimage

眠れない時は無理して寝ない方がいい?

仕事で疲れているにも関わらず、なかなか寝つけない場合があります。
その様な状態が何日も続く場合は、不眠症になっている可能性があります。
睡眠がしっかり取れていないと翌日の仕事等にも影響してくる事があります。
睡眠不足による集中力の低下が原因になり、ミスや勘違い等をくり返す事で、気持ちが滅入ってしまいます。

不眠が一時的な症状でない事が自覚できる場合は、何らかの対応策を講ずる事が必要です。
眠れない場合には無理に眠ろうとしない方が良いです。
眠れないとい意識が強すぎると余計なストレスを生じさせてしまう事さえあります。

睡眠障害の原因として数えられるのがストレスです。
ストレスの原因は職場環境だけでなく、身近な生活環境の中にある場合もあるので注意が必要です。
ストレスはその都度発散しておくのが最善ですが、気が付かない内に過剰なストレスに晒されているケースも少なくないです。
ストレスが溜まると自律神経の乱れを招き、生活のリズムに誤差が生じます。

睡眠障害だけでなく、様々な身体的不調を引き起こす事もあります。
そして眠れない状態が続く人は、まず生活習慣を見直してみる事が必要です。
無理をせず、十分な休息時間を取って疲労回復を促す事も大切ですが、まずは朝から夜までの行動パターンの中から不眠に結びつく要素を全て改善していく事が必要です。
仕事が合わなければ、思い切って転職するのも良い方法です。
ストレスが多く、健康を損なうリスクのある仕事を避けます。
やりがいのある自分にあった職場で仕事をすれば、余計なストレスを受けずに済みます。

更に家族との生活がストレスの原因になっている可能性がある人は、話合いの機会を頻繁に作ります。
大切なのはお互いとの妥協点を早く見つける事です。
家族とのコミュ二ケーションが円滑になされていれば、トラブルも避けられる上にストレスの少ない家庭環境を維持していく事ができます。
ストレスは意外な事が原因になってる場合もあります。
眠れない事をいつまでも悩みとせず、これ等の点について考慮すれば、睡眠障害を早く解決する事ができます。

目を閉じて横になるだけでも疲労回復になる

眠れない夜でも、とりあえす目を閉じる事が必要です。
横になってリラックスした状態にするだけでも疲労感が和らいでいきます。
目から入る光は交感神経を刺激して自律神経を乱れさせます。
夜はパソコンのモニター等を見つめる時間を極力控え、間接照明にします。

眠れないという意識をなくして自然に任せる様にします。
目を閉じていても眠気が生じる気配がない様なら好きな本を読み始めたり、日記を書きはじめるのもよい方法です。
仕事だけでなく、家族の中で起きた事や感じた事の詳細を書いていきます。
日記を書く事で自分を客観的に捉えながら考える事は精神的な疲労回復も期待できます。

そして人間の身体は体温が低下するとしだいに眠くなる様になっています。
手や足を温めれば、その作用で体温が低下して眠くなる場合もあります。
これ等の点に配慮していれば、自然と眠くなる事が多いです。

それでも睡眠を十分に取れない人は食生活が原因になっている場合もあります。
暴飲暴食を止め、規則正しく3食摂取するのは当然ですが、カフェインが多く含まれているコーヒーや緑茶等は控える事が必要です。
できるだけ夜はカフェインの入っていない飲料を利用する事が必要です。

そして人の身体には恒常性といって自分の意識に関わらず、一定のリズムを保つ機能が備わっています。
自律神経もその1つですが、この恒常性を正常に維持していく事が健康管理をしていく上で重要になります。
その為には十分な休息と睡眠を取り、必要な栄養を摂取する事が不可欠です。

眠れない期間が長期間に及ぶ人は他の病気が原因となっている場合もあります。
専門家からのアドバイスや治療が必要なケースもあるので、無理をせず、相談してみる事も必要です。

関連記事
ページ上部へ戻る