noimage

限界まで溜めない!自分のストレス解消法を見つける

ストレスという言葉が聞かれるようになったのは、現代になってからのことです。
現代社会において、老若男女を問わず多くの人がストレスにさらされています。
ストレスは精神的な圧力になるだけにとどまらず、身体的にも大きな影響を及ぼします。
では、どうすればストレスを解消することができるでしょうか。

そのためには、自分に合ったストレス発散法を見つけることが大切です。
上手に解消することで夜もぐっすり寝ることができ、睡眠不足も解消します。
何が発散法になるかは人によって異なるため、様々なストレス発散法を試してみましょう。

ストレス発散法として効果的な方法の一つは、カラオケで歌うことです。
大声で歌うことによる効果は、様々な実験で実証されています。
歌うことにそれほどの意味があるように見えないかもしれません。
あるいは、歌が下手で好きでもないという人もいます。
しかしカラオケで大声で歌ったことがあるならわかるように、歌った後は気分がスッキリします。
上手か下手かは問題ではありません。

別の発散法は運動です。
運動もカラオケ同様気分を爽やかにする作用があります。
ある実験でも精神疾患の患者に、運動プログラムを取り入れました。
結果として運動は減薬効果があることが実証されました。
どのような運動でも効果があります。
汗ばむ程度の運動が良いでしょう。
良い汗をかくことで効果が期待できます。

ストレスがあると、夜寝ようとしてもつい考え事をしてしまいます。
消極的なことが、頭の中に浮かんでくるとますます眠れないにちがいありません。
眠れない日が続くと、睡眠不足になります。
睡眠不足になると、免疫力も落ちてきます。
心身の健康に大きなダメージを与えることにもなりかねません。

ストレスに負けない体にするために、上手に発散させることが肝心です。
それは圧力鍋の弁を開けることと同じです。
弁を開けて蒸気を逃がさないと大変なことになりかねません。
決してギリギリまで溜めないようにしましょう。

コルチゾールを減少させることが重要

ストレスを解消する鍵を握っているのは、コルチゾールという物質です。
コルチゾールはホルモンの一種であり、ストレスホルモンと言われています。
ストレスを感じたときに分泌されます。
とは言え、コルチゾールは決して悪者ではありません。
たとえば、何らかの危険にさらされたときコルチゾールが作用を開始します。
血圧を上げ、神経は覚醒し緊急事態に備えようとします。

コルチゾールの働きにより、身体が事態に備えるようにしてくれます。
一種の防御システムと言えるでしょう。
しかし本当の緊急事態ではないときに、分泌されるならどうでしょうか。
常にスタートの姿勢でいるのと同じで、疲労してしまうことでしょう。

脳が勘違いしないように、ストレスを発散させることでコルチゾールを減少させることができます。
コルチゾールを減少させることで、リラックスし余裕を持つことが可能です。

コルチゾールと真逆の作用をするホルモンは、オキシトシンです。
オキシトシンはリラックスし、穏やかな気分を保つ働きがあります。
そのためハッピーホルモンとも呼ばれています。
オキシトシンを分泌させるにも色々な方法があります。

たとえば、ボディタッチにもオキシトシンを増加させる効果があります。
握手をしたりハグしたりすることで増加します。
感動して涙を流すことも効果的です。
映画や本などを読んで、涙を流すことは本能的な反応だけでなく、ストレス発散法にもなります。
何となく泣ける映画が見たい時は、身体がオキシトシンを欲しているのかもしれません。

身体はとても繊細にできています。
ちょっとしたことで、ストレスを感じたりハッピーになったりします。
現代人にとって常にストレスを溜めないことは一つの課題と言えるでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る